今月の6月生まれの人の物語には「手から滑り落ちて、粉々に砕けてしまったもの」がスローモーションで元に戻り、またあなたの手のなかに再び納まる様子が見えてきます。もう手にすることがないと思っていたため、あなたの心は瞬間だけ熱くなるかもしれません。

でもその情熱に惑わされないで、あなたの手に戻ってきたものをよく見てみてください。あなたは「これ」によってとても傷ついたはずです。周囲からの反対も強く、そのため孤立もしたことでしょう。

再び同じ思いをしてでも「これ」を自分のものにしたいでしょうか? 6月生まれは感性がとても豊かです。熱い想いが「ひとときの気まぐれ」なのか「永遠」なのか、その答えはあなた自身がすでに知っていると思います。

<グリッティの姉妹サイト「MYLOHAS」の石井ゆかりの占いもどうぞ>

全体運の一覧に戻る

by haru