<牡牛座>

牡牛座の恋を司るポジションに位置するのが乙女座です。乙女座は7月16日(水)以降、幸運の星・獅子座の背後の部屋となるため、一般的な西洋占星術では低迷期に入ると考えられています。それはもちろん当たっていなくもないのですが、裏切りや失恋などあらゆる不幸が押し寄せてくると考えるのは早計です。

影の部屋に入るというのは、目に見えないものにスポットが当たるということ。6月まではわりとハッキリしていたご縁やチャンスが見えづらくなり、その結果なんだか恋の前途が不透明に見えるということなのです。

そんな風に牡牛座の恋のムードが一変したかも? と思うような出来事が、今月は起きそうですが、あまり心配しないで大丈夫。それはあなたの恋のステージが変容したというだけのことなので、あなたもそれにあわせてシフトチェンジを。

出会いを探しているなら、憧れを追いかけるのではなく、同僚や男友だち、昔からの知り合いなど、もっと身近な縁に目を向ける。片思いなら、相手がどうすれば喜ぶのか考え、それを実践していくことが重要です。

カップルは愛の守り方について再考を。交際を秘密にしていたほうがうまくいくなら、こっそりとデートを楽しむのも手です。たた、妊娠しやすい時期なので避妊はしっかりと。

☆恋が生まれやすい日...7月3日、7月20日

注目の恋占い「haruの恋占いも公開中!

全体運の一覧に戻る