140630ibuki.jpg

ストレスや睡眠不足は美肌の大敵って言うけど、仕事もプライベートも楽しみたい私たちにとって、忙しさや寝不足、日々のストレスをゼロにすることは不可能。

そういうものを抱えつつもキラキラは失いたくないのが本音ですよね。そこで今回は、忙しくてもキラキラ美肌を保つ方法をご紹介します。

基本を見つめ直すことが美肌につながる

どんなときでも美肌でいたい! そのコツを『資生堂』の山本さんに伺いました。

140630ibuki1.jpg

「20代~30代の女性にとって、肌悩みの原因となる寝不足やストレスをなくすことは難しいですが、乾燥や紫外線といった外的ダメージに関しては、ケアをすることで回避できますよね。忙しい毎日のなかでは、あれこれ欲張らず、ケアできるものから対処するのがおすすめ。

スキンケアの基本は、洗顔で不要なものを取りのぞくことと、しっかりうるおいをキープしてくれる化粧水や乳液で保湿し角層をはぐくむこと。シンプルなことですが、忙しくても基本を積み重ねていけば、確実に成果につながりますよ」

多くを盛り込むことが美肌への近道かと思っていましたが、山本さんいわくシンプルで基本的なケアでも「継続する」ことが何より重要とのこと。

まるで美肌を貯金するかのように、シンプルケアを毎日コツコツと続けることで、本物の美肌がつくられると言えそうです。

スキンケアはシンプルでいい

基本のケアが大切という山本さんのアドバイスを頼りに、私もスキンケアを見直してみることに。

シンプルなケアでしっかりうるおいをキープしてくれるところが忙しい女性の肌にピッタリという『資生堂』の「IBUKI(イブキ) スターターキット」をつかって、2週間肌の様子を観察してみました。

140630ibuki2.jpg

資生堂 イブキ スターターキット/2,000円(税抜)※数量限定、ポーチつき

疲れがたまるとすぐにニキビができる体質の私。「イブキ」を試していた期間は仕事がかなり忙しく、睡眠時間はいつもの半分程度という過酷な状態だったのですが、肌を気にすることなく過ごせたんです!

また、ビックリするほど肌なじみがいいので、時間のないときや疲れているときでもケアを面倒に感じませんでした。

洗顔・保湿液・美容液というシンプルなアイテムしかつかっていないのに、乾燥もべたつきも感じることがなく、一日中快適でした。

140630ibuki3.jpg

とくに洗顔が楽しくなるほどモコモコの泡が立つ洗顔料と、独特のトロミが心地いい保湿液は大のお気に入り! 香りもラグジュアリーで、ちょっとイイ女になったような気分になれました。

IBUKIで外的ストレスに負けない肌へ

20代~30代の肌向けにつくられている「イブキ」は、肌荒れやかさつきなど、若い女性によくある突発的な肌悩みが起きにくい肌へと導いてくれるライン。

140630ibuki4.jpg

『資生堂』の独自技術、メモライジングCテクノロジーがうるおった角層状態をキープしてくれるので、乾燥や紫外線などの外的ストレスに負けない肌がずっと続くんです。

基本を大切にするスキンケアで、キラキラな美肌を目指しましょう!

>>数量限定! ポーチつき「イブキ スターターキット」を見る

young-woman image via Shutterstock