140520art.jpg憧れる、休日の美術館めぐり。仕事へのアイディアにつながったり、インスピレーションの素になる...という声もよく聞きます。

そこで、今回は美術ライターで水墨画家のTamayoさんに、アート初心者でも楽しめるギャラリーと、楽しみ方を紹介いただきました。

世界でたった1か所しかないアートギャラリー

渋谷駅から、明治通りを原宿方面に徒歩4分。宮下公園の向かいのビル『cocoti』の1Fに、イタリア発のデニムとカジュアルファッションの老舗『DIESEL SHIBUYA』があります。

店内に入ると、地下への階段が。ここを下りると迎えてくれるのが、世界でココだけにしかない、DIESEL直営のアートギャラリー

CDジャケットやファッション誌でみたことあるかも! な、世界で活躍するグラフィックデザイナーや、反骨精神あふれる日本の若手ペインターなどなど、世界中からセレクトされた、新進気鋭のアーティストの作品を間近に見られます。

ギャラリーってちょっと入りにくいイメージですが、ここのスタッフさんは、とてもフレンドリー(おまけに美人でおしゃれ!)。展示品の説明はもちろん、実際にアーティストと会話したエピソードなどを聞けるかもしれません。

アート作品やオリジナルグッズも、意外にストリートな価格で買えます。部屋にあったら、アート通&ファッション通を気取れること間違いなし!

アート鑑賞後のお楽しみ。カフェで食べる「エッグ・ベネディクト」

アートを堪能した後は、1Fへ。DIESELが世界で初めて手掛けたカフェ『Glorious Chain Cafe』で、ほっと一息。イエロー&ウッディーを基調とした、おしゃれなカジュアル・ダイナーです。

おすすめメニューは、いま、巷で話題のエッグ・ベネディクト。女子ならみんなとろけちゃうはず。本拠地イタリアにある、DIESEL FARM産のオリジナルワインも味わえますよ。

次はどこ行く? ほろ酔い気分で会話もはずみそうです。

【5月特集】結婚への近道は、まず、自分をみつけること

imaginary room image via Shutterstock