140520bran.jpg

夏までに目指したい、ノースリーブやショートパンツを着こなせるカラダ。

話題の「糖質制限ダイエット」が気になるけれど、ダイエット中もしっかり食べたい...。

そんな方にブログや口コミサイトで話題になっているのが「ブランパン」「普通のパンより糖質オフだけど腹持ちがいい」「カロリーの低さにびっくり」などなど、ハマる人が続出しているそう。

じつは、グリッティの編集長も、自身の結婚式でウェディングドレスをキレイに着こなすため、ブランパンを食生活に取り入れていたそう。

今回は、夏に向けてのカラダづくりに「ブランパン」を選びたい3つの理由をご紹介します。

「ブランパン」って何?

「ブランパン」という名前、耳にしたことがある人も多いはず。2012年に「ローソン」がコンビニではじめて発売し、話題になりました。

140520bran3.jpg

ブランパン2個入(糖質2.2g、67Kcal/1個あたり)/125円
※沖縄エリア 糖質3.5g、56Kcal ※店舗により取り扱い商品が異なります。

ブランパンは「ふすまパン」などとも呼ばれる、穀物のブラン(外皮)をつかったパンのこと。いま、ブランは栄養価が高く、食物繊維が豊富なヘルシーフードとして注目を浴びています。

ブランパンが注目されている3つの理由

1.ダイエット中でもパンが食べられる

通常、糖質制限ダイエットをしようとすると、糖質が多く含まれる炭水化物を控えなくてはなりません。しかし、ブランパンは糖質の少ない米ブラン・小麦ブランを使用しているので、ダイエット中でもパンを食べることができます。

5月20日にリニューアル発売された「ローソン」のブランパンは、従来のオーツ麦ブランのかわりに、米ブランを使用。なんと、糖質カット率が75%→84%とさらに大幅アップ(※沖縄エリアを除く)食物繊維もたっぷり摂れるのが、女性にとってうれしいですよね。

2.おいしくおなかを満たせる

ブランパンは2個食べても糖質4.4g(※沖縄エリア 糖質7.0g)。まずはいつものランチをブランパンに換えるなど、3食のうち1食をブランパンにすることをおすすめします。

全国のローソンで購入できる手軽さも、ダイエットのモチベーションをあげてくれますよね!

気になる味ですが、「ローソン」のブランパンは、小麦ブランにありがちなイガイガした食感がないほか、米ブランを使用したことで、もっちり&フワフワをかなえることに成功。これなら、ダイエット中もおいしくおなかを満たすことができそうです。

3.我慢しないからダイエットが持続できる

ダイエットの失敗で多いのが「続かない」こと。その原因のひとつに、味に飽きてしまうということがあります。

ローソンのブランシリーズは、今回のリニューアルと同時に新商品を追加!

ふわふわモチモチの新ブランパン

140520bran2.jpg

(左から)チーズ&トマトブラン2個入(糖質2.5g、77Kcal)/150円、ブランのトマトカレーパン(オリーブオイル付)(糖質7.1g、 175Kcal)/140円、ブランのしっとりメロンパン(発酵バター入)(糖質17.1g、172Kcal)/145円、ほろにがショコラ&ホイップブラン(糖質11.8g、173Kcal ※沖縄エリア 糖質16.9g、164Kcal)/150円(※すべて1個あたりの糖質・Kcal ※店舗により取り扱い商品が異なります)

ほかの菓子パンに劣らない豊富な種類が発売されたので、味の変化を楽しみながら、ダイエットを続けられそうです。

>>ほかの種類も見る

ダイエットを成功させるコツは、大きなストレスにならないことが大切。まずはいつも食べている菓子パンをブランパンに換えるなど、取り入れやすいところからはじめてみてはいかがでしょうか。

>>ブランパンについてもっと知りたい方はコチラ

※表示はすべて税込価格です。