140205hair4.jpg

最近街でよく見かけるヘアバンドスタイル。即キュートなヘアスタイルが完成する便利アイテムなので、これは使わない手はありません! では実際にどんな風にあわせればいいの? うまく使いこなすアレンジをご紹介します。

編み込みスタイルに

140205hair1.jpgribbon katyusha(ネセセア)

ちょっと雰囲気を変えたい...というときに便利な編み込みスタイル。ただ、自分でやるとおくれ毛が出てきてしまってたりして、上手にまとめるのが難しかったりしますね。ヘアバンドをつかえば、おくれ毛などをすっきりとまとめられて、編み込みスタイルをきれいに見せることができますよ。

前髪パッツンに

140205hair2.jpgベロアヘアバン(ジーナシス)

自慢のパッツン前髪、よりキュートに見せたい! そんなときに便利なのがヘアバンド。生え際をきれいにおさえられるから、前髪が乱れることなく、常にかわいらしいパッツン具合をキープできますよ。ボリュームや長さの調節もヘアバンドでできちゃうのが便利!

アップスタイルに

140205hair3.jpgスカシガラヘアバンド(レプシィム)

たまに無性にしたくなる、おだんごヘア。太めのヘアバンドでまとめれば、ワンピースやスカートスタイルのときにぴったりな、ナチュラル系な魅力を演出できます。顔まわりがすっきりしすぎて、自信がない...というアナタは、サイドの髪を多めにたらしてみると、バランスよくキマります。


ダウンスタイルではなく、アップスタイルにヘアバンドを合わせるのが今っぽく見えるコツ。ファッション合わせて、アップスタイルでたまには違う雰囲気のあなたを演出してみては?

協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』

by aica