140114himebody_kubire.jpgいま一番モテる女の子の特徴は、ふんわりした丸みと、マシュマロみたいにムニュっとした質感の「姫ボディ」を持っていること!

セクシーさの象徴ともいえるキュッとくびれたウエストをつくるには、トレーニングで筋力をつけることが大切。

筋トレなんてできない~。という女性でも、比較的続けやすいトレーニングの方法をご紹介しますので、美くびれ目指して頑張ってみましょう☆

いろいろなパターンを組み合わせた腹筋トレーニング

今回ご紹介するのは、体の形を少しずつ変えながらおこなう腹筋方法。同じ体勢で続けるよりも飽きがこないので回数を稼げる点と、体勢を変えることによりさまざまな筋肉を鍛えられる点が特徴です。

140114kubire1.jpg1.両足を伸ばした状態で腹筋運動をします。上半身を完全に起こす必要はありません。回数は無理のない範囲で大丈夫。できる回数から始めましょう。

140114kubire2.jpg2.両ヒザを曲げた状態で先ほどと同じように腹筋。

140114kubire3.jpg3.左足はヒザを曲げたまま右足を上げた状態で腹筋。

140114kubire4.jpg4.右足と左足を入れ替えて同じように腹筋。

140114kubire5.jpg5.両方の足を上げた状態で腹筋。

140114kubire6.jpg6.足を伸ばした状態で横向きに寝て、肩を持ち上げるような感覚で上半身を床から離します。

140114kubire7.jpg7.先ほどと逆側を向いて、同様に腹筋をくり返します。

全部で7パターンの腹筋をこなしていますが、体勢によって効いている筋肉の部位が異なるため、お腹・ウエスト・ワキ腹とトータルで引き締めることが可能。

また、1パターンにつき5回ずつ腹筋したとしても、合計すると35回。1パターン10回ずつなら、70回こなすことになります。同じ姿勢で70回やるよりも、10回ずつを7パターンくり返すほうが肉体的にも精神的にも楽なので、女性でも続けることができるんです。


姫ボディ特集:お気に入りの音楽をかけながら、楽しい気分でトレーニングができたら、続いては「もちもちデコルテのつくりかた」のステップです。

beautiful girl image via Shutterstock