131216wedding.jpg「恋をしたい、告白されたい、大好きな人と結婚したい...」。

女子にとっては当たり前で、かつ切実な願い。これまで、たくさんの方のこのようなご相談を解決に導いてきました。連載プロポーズまでの365日では、これらの経験をもとに、彼女たちの成功メソッドをご紹介したいと思います。

131216wedding2.jpgもうすぐやってくるクリスマス&年末はプロポーズにも最適なイベント。毎年いろんなハッピーエンドが、たくさんたくさん生まれています。

今年こそは自分も...と思っている人のため、今回は「彼にプロポーズをしてもらう3つの方法」をお教えします。

この子には自分が必要だ、と思わせる

男性の気を引こうと心配をさせたり、体が弱いふりをする女性がいますが、じつは逆効果。男性は自分を必要としている人に惹かれるのです。そのためには彼と一緒にいるときのあなたが輝いていることが一番大事。「あなたと一緒にいれて本当に幸せ!」ということを、言葉と態度で示しましょう。

この子こそ自慢の彼女、と思わせる

付き合いが長くなると、ついつい気を抜いてしまいがち。彼の好みやタイプを知っているあなただからこそ「変身するなら今でしょ!」ということで、クリスマス当日は、付き合い始めたころのような初々しさを持って、彼好みのファッションでデートを。

3.この子を妻にしたら幸せになれそうだな、と思わせる

街でウインドーショッピングをしなが、ふたりで生活していることをイメージさせるような場所に行きましょう。たとえば食器売り場なら「このカップ素敵。これでおいしいコーヒーを毎朝入れてあげるよ!」という言葉で彼に妄想させましょう。

女性より男性のほうがロマンチストなので、あなたとの結婚生活が魅力的に思え、意識してくるはず。


これらの行動をしてもあなたの気持ちに気づいてくれない鈍感な彼には、年末、「来年はどこか旅行にいきたいね~」なんて言いながら一緒にネットを見てみて。

ハワイやグアムのビーチをググれば間違いなくハネムーンネタがヒットします。それを見て、心から喜び憧れる姿を見せること。鈍感な男性もきっとわかってくれますよ。

wedding rings image via Shutterstock