131203make1.jpgかわいさと色っぽさ、両方の魅力を持ち合わせている人気モデルの藤井リナさん。恋のウワサが絶えないところを見ると、やっぱり男性は小悪魔チックな女の子に弱いってことかも!?

今回のモテメイク術では、『rienda』(主婦の友社)の表紙を参考に、藤井リナ風メイクのポイントをご紹介!

印象的なキャットラインと赤リップが、華やかなパーティにぴったりのメイクです。

美人度を上げる「く」の字陰影シャドウ

131203make2.jpg明るめのベージュのシャドウをブラシにとり、アイホール全体を塗る。次に、ツヤ感のある明るめのピンクシャドウを涙袋にオン。

上まぶたの黒目の上から目尻に向かって、ななめ上方向にゴールドブラウンのシャドウを入れる。目尻まで入れたら、シャドウが「く」の字になるよう、アイホールの中心に向かってシャドウを入れる。

★くの字シャドウは一筆描きで、一定方向に入れます。逆戻りするとシャドウの濃さが変わり、陰影の意味がなくなってしまうので注意。

魅惑のなまなざしをつくるキャットライン

131203make3.jpg「く」の字にいれたシャドウに沿って、黒のペンシルアイライナーでうすくラインを描く。次に上からなぞるようにリキッドアイライナーでラインを引く。長さや角度に問題がなければ、先ほど引いたうすいラインを徐々に濃く、太くしていく。

131203make4.jpg粘膜部分の赤味を消すように、ペンシルアイライナーで下まぶたにインサイドラインをうすく入れる。

キュートに見えるキュッとあがった唇

131203make5.jpgピンクベージュのリップライナーで、口角部分がキュッと上がって見えるように、すこしはねあげ気味に輪郭を描く。

リップブラシに真紅のリップをとり、輪郭に合わせて中をぬりつぶす。

★今っぽさを出すためグロスはつけず、口紅のツヤのみで仕上げます。

一気にセクシーに変身できる描きホクロ

131203make6.jpgブラウンのペンシルアイライナーで、上唇の両端にホクロを描く。最後に上からフェイスパウダーを重ねて自然さを出す。


いつものメイクとはひと味違った小悪魔的な魅力で、パーティの主役になっちゃいましょう!



モデル・水星マキ 写真・田所瑞穂 文・イトウウミ