131125shiwa.jpg

くすみやしわ、肌の弾力を低下させる原因・AGE。「糖化」反応で生まれる悪玉物質のことです。いくら紫外線対策バッチリでもAGEに無頓着だと台なしに。AGEが体内にどんどん蓄積され、くすみが改善しないばかりか、ほうれい線やシワを進行させてしまうことに...。

AGEは食後高血糖により体内で合成されるほか、食べ物にも含まれ、揚げる、焼く、炒めるなど高温調理の過程で何倍にも増えます。今回は、AGEの蓄積を防ぐ3つの方法をご紹介します。

1. AGEの生成を抑制、排出を助ける食べ物を摂る

・アーモンド
・ハーブティ(ローマンカモミール、甜茶、ドクダミなど健康茶)
・ネバネバ食材(昆布、海苔、海藻類、納豆など)

2. 血糖値の上がりにくい食事を

・野菜→タンパク質→炭水化物の順番で食べる
・低GI食品を選ぶ(白米より玄米・うどんよりそば・食パンよりライ麦パンなど)

3. 食後すぐに軽い運動をする

食後の激しい運動は消化の妨げになるので、2~30分程度の軽いウォーキングが◎

血糖値のピークは食べた1時間後なので、この間移動に階段を使うなど、意識してちょこちょこ動くだけでも血糖値の上昇がゆるやかになります。


年齢とともにAGEは体外に排出されにくくなっていきます。そうは言っても「食の楽しみ」も大事。揚げ物もケーキもやめられませんよね。

気づいたときには手遅れ...にならないよう、血糖値に気をつかう、ハーブティを生活に取り入れるなど、20代のうちからなるべくAGEを蓄積させない習慣づくりをして、5年後も10年後もキレイをキープしたいですね!

photo by Thinkstock/Getty Images