130823gelatin.jpgコラーゲンが肌には重要で、アンチエイジングのために必要な要素だということはよく知っていると思います。では、「コラーゲンっていったい何?」と考えたことはありませんか? じつはコラーゲンって、お菓子作りなどで使うゼラチンのことなんですよね!

ゼラチンを大胆に使う美容方法をとりあげている本があります。『すごい!ゼラチンふりかけ健康レシピ』(扶桑社)です。このなかから、ゼラチンから得られるメリットを3つご紹介します♪


★ 肌や髪のハリつやがよくなる

「ゼラチンの分解物は肌や髪にもいい効果をもたらします。(中略)コラーゲンは真皮の成分の約70%を占めています。その繊維とヒアルロン酸をつくるのが繊維芽細胞で、この繊維芽細胞の働きで表皮に"ハリ感"がでる」

化粧品の広告などでは、「ヒアルロン酸が豊富に含まれ」「真皮にまで浸透して」という言葉をよく見かけます。そこで重要な役目を果たしているのがコラーゲン、つまりゼラチンだったとは! 肌を元気にしてくれるゼラチンの力は見逃せません。


★ 便秘の解消

「ゼラチンは40~50℃ぐらいで溶け、消化吸収がよくなります。溶かさず摂取した場合、吸収率は若干下がりますが、そのまま排便されるのでおなかの調子を整えます」

味もないので摂取するのに抵抗がすくなくて、さらにただ飲む(食べる?)だけで便秘解消効果があるなんてうれしいです。慢性的に便秘に悩む女子を助けてくれるありがたい存在だったのにいままで無視してごめんなさい。


★ 料理に入れるとおいしくなる

「ゼラチンはタンパク質のひとつなので、タンパク質に含まれるアミノ酸の効果で、料理に入れるとおいしくなるというメリットがあります」

どんな料理にも入れられて、さらに味までおいしくしてくれるなんてステキ♪ 粉ゼラチンと甘めのものを混ぜておやつ代わりにしたらダイエットにもなりますね!


この本はタイトルの通りゼラチンを「黒ごま」や「ゆず」などと混ぜて一緒に食べることで女子の多くの美容問題が解決できるレシピ本です。「紫外線から守ってくれる食材」や「眠りの質がよくなる」食べ方も載っています。

身近にあったのに気づかなかったゼラチンのよさ。ゼリーなどは美容効果がはっきりしましたね! あなたもマイゼラチンを作ってみませんか?

fruit jelly image via Shutterstock