120505glitty_koiuranai.jpg

「なんか当たってる……」と噂のHAPPY恋占いを更新しました! 今回は、2013年下半期の運勢を占います!

満月と新月に更新される、『鏡リュウジの恋占い』もどうぞ。2013年下半期の運勢も特別公開してますよ♪

2013年下半期の「HAPPY恋占い」、星の動きはどんな感じなのでしょう。

<全体の星の動き>
2013年下半期、幸運を司る木星は回帰の部屋に滞在し、カルマの部屋の土星、浄化の部屋の海王星と調和します。これは、愛の淘汰が加速することを示す配置。不毛な関係や未来のない恋は自然と消え、本当に必要な絆だけが残るのがこの半年間の特徴です。苦しく、辛いときもあるでしょうが、それもすべては真実の愛を手にいれるためのプロセス。恐れや不安を手放し、幸せに近づく努力を。

<牡羊座>
恋の行方を左右する木星が影の部屋に隠れる下半期は、前半と比べてラブチャンスが激減。あなた自身、自信を失いがちで、接近してくれる彼がいても、なかなか心を開くことができないかも。そんなときはムリをしなくてOK。星のポジショニングが改善される12月になれば、自然と恋するパワーも復活! 明るく元気に戻ったあなたのもとに、好みのイケメンから声がかかる期待も。新たに狙うなら、何も言わなくてもわかってくれるあ・うんの呼吸の持ち主がベスト。カップルの人は、外堀を埋めることがゴールインへの近道。まずは彼の親や親友と仲良くして。アタックは、月の美しい夜に。

<牡牛座> 
忙しくて恋をする暇もなかった上半期とは打って変わり、下半期はいつ・どこで恋が生まれてもおかしくない星回りに突入します。ただし、秋が深まる頃までは出会いは多くてもピンとこないことが多いかも。歯車がガッチリとかみ合ってくるのは、10月以降です。それまでは自分磨きに励みつつ、どんな相手と恋をしたいのか? ビジョンをしっかりと固めておくこと。それがいざチャンスが訪れたとき、迷いなく有望候補をキャッチできる裏ワザに。カップル&アプローチ中の人は、楽しい半年間が待っています。特にメールは、絆を深めてくれるベストツール。マメに交換を。真剣告白はイブ直前が吉。

<双子座> 
木星が現実の座へと移動する2013年下半期、双子座にはシビアな課題が突きつけられるかもしれません。特に上半期に生まれた恋は、この時期、価値観の不一致、すれ違いなどで、ギクシャクする恐れが...。星は、辛くても逃げ出してはダメだと告げています。ここで直面する問題や試練は、恋がステップアップしていくための通過儀礼。安易に別れを選んだりせず、ふたりで力を合わせて乗り越えた先に、輝く未来が待つのをお忘れなく。長い春や片想いで悩んでいる人は10月、本音をぶつけうことで好リターンが。出会いは紹介、お見合いなど、人を介して生まれたものが有望。

<蟹座> 
2013年下半期は、幸運の星・木星が約12年ぶりに蟹座に戻ってくるラッキータイム。努力しても報われなかった関係にようやく光が差し、恋する喜びと感動を存分に味わえるようになるはず。ただし、8月と11月は、木星を損なう星の動きが心配です。特にうぬぼれと幸せ自慢は、二大鬼門。どんなにモテてハッピー気分なときでも、謙虚な気持ちを忘れないでいることが、星と周囲に愛され続け、惜しみない応援と協力を注いでもらうコツ。赤い糸はあちこちに潜んでいる予感。3のつく日、展望台やスカイラウンジなど見晴らしのいい場所が、新たなロマンスをキャッチするキーワード。

<獅子座> 
2013年下半期、幸せのありかを示す木星は、獅子座の背後の部屋を運行します。これは幸せが陰りやすいことを示すポジショニング。でも、影に隠れているとはいえ、木星が幸運角を取る恩恵は、あなたにも届く暗示です。落ち込んでいるあなたを励ましてくれたり、何かとサポートを買って出てくれる男子が現れたり...。彼らこそ運命の相手。ルックスがタイプじゃないとしても、つきあってみるべき。ジワジワとその優しさが心の中にしみこみ、気づいたときには夢中に。ただし、盛夏と11月のナンパは危険。浮かれて応じると傷つきます。告白&関係進展は12月、人知れずこっそりと。

<乙女座> 
木星がターニングポイントの座に滞在し、恋の部屋の冥王星と対立する下半期。乙女座の恋は、良くも悪くも大きく揺れ動くことになるでしょう。出会ったばかりの人といきなりつきあったり、電撃婚をする人もいれば、婚約中の恋人と突然ケンカ別れしてしまう人も中にはいそう。この時期起きる出来事は実は、来年の夏以降に訪れるドラマの伏線。どんな結果であっても冷静に受け止めることが、真実の愛に出会うための切り札に。アプローチ中の人は、9月と11月が告白のチャンス。おしゃれスポットに呼び出し、サラッと愛を告げるとOKが。赤い糸を探すなら7月、友人に誘われたイベントで。

<天秤座> 
仕事や勉強で忙しくなる下半期の天秤座は、恋愛から自然と遠のきがち。残業やバイトに精を出しているうちに、気づいたらひとりぼっちになっていたなんて、この時期にありがちなパターンです。とりわけカップルの人は、その傾向が顕著みたい。幸せを失いたくないなら、多忙でも時間を作ってデートしたり、メールや電話できちんとフォローを。偶数月は短時間の逢瀬でも情熱をかきたてるパワーが。アプローチもコツコツと。笑顔での挨拶、さりげない献身などの努力の積み重ねが、両想いへとつながっていくはず。出会い運は小粒ながら、良質。中でも親や上司の紹介は必見です。

<蠍座> 
迷走気味だった上半期は、もどかしく、苦しい思いをした人も多いはず。下半期は星々の配置が驚くほど改善され、バラバラだったパズルのピースが次々に合いだす予感が。ポイントとなるのは、好奇心と行動力。理由はわからないけど気になる、話してみたい、そう思わせる何かがある男子には迷わず接近してみて。一歩を踏み出しさえすれば、あれよあれよという間に恋のパズルが完成! 文字通り、絵になるカップルとして周囲から憧れられる存在になれそう。恋人&本命が求めているのは冒険。突然エスケープに誘ったり、ギュッと手を握ったり、ドキドキさせる演出に胸キュン。

<射手座> 
幸せの光を宿す木星が死角に入る2013年下半期は、未来が見えにくい状況に追い込まれがち。不安や迷いばかりが頭をよぎり、ラブラブだったカップルにさえ危機が訪れる恐れも...。それは、幸せボケしていたあなたの目を覚まさせようとする、星の計らい。将来について真剣に話し合い、納得の答えを出してください。10月&12月の婚約やルームシェアは、輝かしい門出に。愛を運ぶ青い鳥は、実はもう手のうちにいる暗示。幼なじみ、10年来の男友達など、身近にいすぎて意識したことがなかった彼にこそ注目を。雨の夜、お酒を飲みに出かけるとドラマが。アタックはぬくもりが大切。

<山羊座>  
ラッキースター・木星がパートナーの部屋を運行する下半期は、結婚が大きなテーマになりそう。たとえこれを読んだ時点でつきあっている人がいないなんて人であっても、心配はご無用。星々の動きが活発になる秋以降、思いがけない出来事が次々と起こり、結婚を意識する場面にたびたび出くわすようになるでしょう。ルックスも性格も好みの彼なら、迷わず電撃婚を決めてしまうのも悪くない考え。カップルの人も、次のステージに向けての準備を。9月の両親への紹介&顔合わせで年末のゴールインが可能に。本命は優柔不断。奇数月、強引に迫るのがOKを引き出すポイント。

<水瓶座> 
空前のモテ期にわいた上半期とは打って変わって、下半期のラブ運は穏やか。スピーディーに愛を深めてきた人ほど、急に進展や相手の反応が遅くなって驚くかもしれません。でも、それは刹那の縁を永遠へと変えるために必要な熟成の期間に入っただけのこと。焦らず、凹まず、これまで通り絆を温め続けましょう。カップルの人はもちろんのこと、アプローチ中の人も、日常での接点を意識して増やすようにすることが肝心。買い物やランチなどに行く機会を増やし、一緒にいるのが自然という域にまで達すればOK! フリーの人は10~12月、日常で拾った出会いが運命の恋に発展しそう。

<魚座> 
2013年下半期は、これまで経験したことがないようなドラマティックな恋愛のヒロインになれる人が続出しそう。こんなとき遠慮していては損。堂々と人前に出て、自分の魅力や個性をアピールして。7月と11月に堂々と恋人募集宣言をするのもおすすめ。超好みのイケメンが、彼氏に名乗りを上げてくるはず。出会いがない場合は、印象が地味すぎるせい。明るい色の服を着たり、ラメメイクで目立てば、自然とどこから求愛が。進行中の愛は、スピード&パッションが決め手。イケると思ったときに接近&告白を。カップルは熱愛期。ただし、8月と10月はライバルの出し抜きと裏切りにご用心。


(恋占いアナリスト/涼月くじら)