130517waki.jpg

あたたかくなってくるこの時期、気になりだすのがワキ汗。シャツに染みがついてしまって腕を上げられない...なんてストレスは避けたいですよね!!

今回は、気になるワキ汗を少しでもどうにかする方法をまとめてみました。

ツボを押す

乳首の上~脇の下にかけて、両手をクロスさせて(右の手のひらを左の脇の下に入れる)押す。その間はピタッと汗が止まるそう!

・ダブルガーゼのシャツを着る

通気性と吸湿性に優れ、不快感を軽減してくれるガーゼ。ダブルのほうがより汗が目立たず、色物や柄物も安心して着られるとのこと。

・汗取りパッドを使用する

物理的に汗染みを防ぐ方法として最もメジャー。ただ、ズレて落ちてきたときの恥ずかしさもヤバい!! 汗取りパッド付きのインナーも出ています。

汗取りシートを使用する

脇の下に直接貼るタイプのシート。目立たずゴワゴワせず、たくさん汗をかいてもはがれてこないとか! デートなど、ここぞというときに使えそう☆

汗染み防止トップスを着る

『ニッセン』では、デートにも着て行けるガーリートップスから、オフィスでもOKなカッチリシャツまで、汗対策アイテムが豊富!!

・洋服に防水スプレーをかける

汗が出るのは仕方ない、ならばせめて洋服が濡れるのを防ごう! という発想。実践者は満足している様子。

ミョウバンを使う

ローマ時代から制汗剤として使われてきたミョウバンには殺菌・消臭効果も。薬局で約100円で買えるので、ミョウバン水を自作してみるのもいいかも!

制汗剤を使用する

価格的にも手間的にも最もお手軽な方法。「オドレミン」がぶっちぎりの一番人気なよう!! 次点はクリニークの「ロールオン」。

ボトックスを打つ

数日後にはワキ汗が気にならなくなり、一度注射すれば半年ほど効果が持続するそう。両脇で3~7万円が相場。過去記事に体験談が載っているので、チェックしてみて!

なお、ワキ汗はほとんどが精神性の発汗だとか。よって汗を止めようと水分を控えたりしても無意味で、それどころか水分が不足するとニオイがキツくなってしまうこともあるようなので要注意です!!

photo by Thinkstock/Getty Images


(トレンドウォッチャー/小坂井良子)