130307brashi.jpg

フワッと入れるだけでたちまちかわいい顔にしてくれるチークは女子の強い味方。

でも侮るなかれ。ブラシによって、そのキレイ度は全然違ってくるんですよ。たとえプチプラであっても、質の良いチークブラシを使うだけで、見違えるほどキレイになれちゃうんです。

今回は、キレイになれるチークブラシの選び方をご紹介します。

1.程よくコシがあり、肌当たりの良い山羊毛・リス毛を使用したものを選ぶ
2.ブラシの形は、まん丸チークにもシャープチークにも対応できる丸平型がベスト
3.手の甲だけではなく、実際に「自分の頬」で試してから買う

上記のポイントを踏まえた、オススメチークブラシがこちら。

・G502チークL丸平(白鳳堂

130306brashi1.jpg

価格/9,450円

化粧筆の大御所白鳳堂のブラシ。一度使うと、ほかのチークブラシは使えなくなりそう。


・Z-8チーク(竹宝堂

130306brashi2.jpg

価格/9,450円

国内、海外の一流化粧品メーカーの化粧筆を手がけている竹宝堂。灰リス毛100%の最高級品です。


・チークブラシ№3(ケサランパサラン

130306brashi3.jpg

価格/8,190円

ブラシの質には昔から定評のあるケサランパサラン。とても使いやすいブラシになっています。


チークブラシに1万円近くも出せない! と思うかもしれませんが、高級なブラシは「持ち」が違うので、丁寧に扱えば、一生使えると言っても過言ではありません。上質なチークブラシで、キレイの先行投資してみませんか?


(ビューティーリサーチャー/イトウウミ)