130111smoothie.jpg

新鮮な野菜や果物をブレンダーに放り込むだけでできあがる、グリーンスムージーの人気はまだまだ続いていますよね。

タレントさんのダイエット成功記事なんかを読んでいると、がぜんやる気になってしまいますが、「ちょっと待って!」とブームに警鐘を鳴らすのは、アンチエイジングコンシェルジュの白河三來さんです。

50代でありながら20代の肌年齢を持つ、まさに「美魔女」な白河さんのまわりには、

「グリーンスムージーでなぜか便秘に...><」
「グリーンスムージーを続けているのに痩せないんです」

という悩み相談が相次いでいるのだそう。

「冬に冷たいスムージーを飲むと『内臓冷え』と呼ばれる深刻な冷え性になります。冷えは不妊や代謝の悪い(痩せにくい)体質の元にもなるんですよ。また夏が旬のものや南国が産地のものは冷えに拍車をかけます。フルーツの果糖が原因で太る方もいれば、固形物を食べる機会が減るために便秘になることも」

ダイエットや美容のつもりで飲んでいるのに逆効果になる可能性があるなんて怖いですよね(汗)。とはいえ、飲み物として大好きという方も多いと思います。どうしても冬はダメなのでしょうか...。

「そうですよね。ローフードのスペシャリストのダニエラ・シガ先生に聞いてみましたところ、熱いお風呂に入りながら飲むのがおススメとのこと。また、お白湯を飲んでから常温のスムージーを少しずつ口の中で温めて飲むなど、摂り方に工夫をすればよいと思います。気温の低い朝ではなく、気温も代謝も上がっている昼間に飲むのもポイント」

 

それならできそう! 冬は脂肪を溜め込みやすい季節。正しい知識でスッキリボディを実現させましょうね。


卵白洗顔でアンチエイジング白河三來

(恋のマナーガイド/似鳥よーこりん☆)