121212complex.jpg


男性から好意を持たれると、嫌な態度をとりたくなったり、イライラしたりすることがあります。たとえそれが好きな人であっても。

これは、男性があなたの中の女性性に興味をもったと感じることで、あなたの中で自分の女性性への意識が刺激されるから。女性である自分になんらかの嫌悪感があると、女性として見られることに違和感をもってしまうのです。

例えば、「女性は損」とか「女性は弱い」とかいった思い込みがあると、女性として扱われることが「損をする」とか「弱くなる」ように感じられます。それは心地よくないので、女性として扱う人に嫌な態度をとりたくなったり、女性として扱われることにイライラしたりします。

女性性へのネガティブな思い込みは、母親や祖母など身近な女性から「女は損」「女は弱い」といった愚痴を聞かされたりして、自分で判断できない子供時代に心にすりこまれていることが多いようです。

女性であることに何かしら引っかかりがあるのなら、女性であることに魅力を感じ楽しめるように、心にある思い込みを見直してみましょう。

本当に女性は損で弱いのか、大人の判断力で考えたとしたら。レディースプランやレディースセットなど「女性ならでは」のお得なこともたくさんありますし、ファッションやメイクなど「女性として」楽しめることもたくさんあるはず。

男性から好意をもたれることを喜びに感じるために、女性であることの素晴らしさを認めていってはいかがでしょうか。

photo by Thinkstock/Getty Images


(恋愛セラピスト/大塚統子)