1212076mealdiet.jpg


忙しかったり疲れていたり、またダイエットを意識して、食事の回数を減らしてはいませんか? 特に2食しか食べない人は要注意。それ、逆効果かも!

というのも、最近の研究で、1日2食の人は太りやすい傾向があり、5~6食の人が一番やせている可能性が高いという結果が出たそう☆

ダイエットというと、とにかく食べることを制限するというイメージがあり、そのツラさから腰が引けてしまったり、気が重くなることもありますよね。

でも、最近じわじわヒットの兆しを見せている「1日6食ダイエット」は、朝昼夕の食事のほかに間食を3回もとってOKなんだとか♪

さっそくその方法をご紹介します!

おおまかに説明すると、

1: 自分が1日に必要なエネルギー量(カロリー)を計算する

こちらのサイトで計算!

2: 1から減らしたいカロリーを引く

1脂肪を1kg減らすには7200kcalのカロリーダウンが必要だそう。目標体重に7000kcalを掛け、減量までの目標日数で割る。

・(減らしたい体重×7200kcal)÷日数

(→こちらのサイトが計算に便利です!)

3: 2を6回に分けて食べる

(1日に必要なカロリー-減らしたいカロリー)÷6

という感じ。

たとえば、現状維持に1日1800kcal必要な人の場合、1か月で1kg体重を減らそうとすると、1日に減らしたい摂取カロリーは

7200kcal÷30日=240kcal

となります。

よって、1日に摂ってもよいカロリーは1800kcal-240kcal=1560kcal。

これを

朝食  400kcal
間食  100kcal
昼食  420kcal
間食  100kcal
間食  100kcal
夕食  400kcal

のように、6回に分けて食べるのがこのダイエット方法☆

数時間ごとに間食を摂ると、下がり始めた血糖値がまた上昇して常に安定するので、体脂肪がたまりにくい&消費されやすい体質になれるそうなんです。

少々計算が面倒臭い気もしますが、このダイエットの提唱者でクッキングスクールの社長でもある浜内千波さんは、この方法でなんと1年半で38kgもの減量に成功したんだとか!

しかもこのダイエット、リバウンドもしないと言います。ネットにも口コミこそ少ないものの「確かに効果がある」との声が。

昔から「回数を増やして少しずつ食べる」というダイエット法はよく聞くものでしたが、カロリーをはっきり数字にして考えるとビジョンが明確になって意識も高まりますよね☆

ツラい空腹感を我慢することに比べたら、少しの手間は惜しくない!?

なお、100kcalぶんのおやつって何をどのくらい!? という方はこちらのサイトが参考になります♪ 最近では、無印良品からも100kcalのお菓子シリーズが出ているようですよ☆

photo by Thinkstock/Getty Images


Yahoo!ブログ1日6食ダイエットの秘密女子力アップCafe Googirlダイエットとお菓子ガチンコ内科医とともに実践する! 健康寿命ののばし方

(トレンドウォッチャー/小坂井良子)