121102komenuka.jpg憧れモデルさんがオススメする美容術、マネしてみたいけど高価な商品やエステだと現実的じゃないですよね~。

身近な物やお手軽プライスでマネできるものってないのぉっ!? と思っていたら、ありました☆ お家にあるものでカンタンにできて、しかもタダ!!! な美容術が♪

その夢のような美容術は、ファッション誌『CLASSY』のモデル・小泉里子さんが同誌11月号で紹介していた「お米のとぎ汁パック」
 

121102komenuka3.jpg2回目のお米のとぎ汁をボウルなどの容器に移して一晩寝かせ、底に溜まった白い沈殿物(米ぬか)を顔にのせてパックするだけでOK。そう、お金も手間もかけずに作れる「米ぬかパック」なんです!

米ぬかはビタミンやミネラルが豊富で保湿も期待できるため、コスメがなかった時代の女性は、米ぬかで洗顔をしていたという説があるほど。小泉さんもおばあちゃんから教わったそう。

さっそく筆者も試してみたら、赤ちゃん肌に近づいたと思うくらい、やわらか~い感触に。毎日続けていると、肌に透明感がでた気がします。母にも試してもらったところ、プルプルとしたハリを感じたそう。誰でも同じ効果があるというより、人によって違う肌ダメージのケアをしてくれるのかも。

そして何より驚いたのは、自分よりも周りの人が、しかも肌への関心が薄そうな男子たちが違いに気がついたこと! 「なんかキレイになったね?」だって!!! きゃっ♪

残ったとぎ汁は、パックを落とす時の洗顔に使用します。とぎ汁は半日過ぎたころからニオイがキツくなるので、半日以内に使った方が良さそうです。本物のナチュラルコスメだから、ステキなニオイは期待しないでね(笑)。お金も手間もがかからず、肌にやさしい本物のナチュラルコスメ。キラキラ女子のお手本、小泉里子さんに見習って、美肌も賢く手に入れましょ♪

photo by Thinkstock/Getty Images


(キラキラ女子マーケッター/Ricky)