120727bag.jpg円高傾向により海外旅行が増えると予想される今年の夏。

旅の準備には心おどるものですが、その荷物やお財布の中身には性格がでますよね。

そればかりか、WEBサイト「Happy OL」の調査によれば、モテるかモテないかの明暗まではっきり分かれるんだとか!?
 

というのも、全国の20~40代女性400人にアンケート調査を実施し、ざっくりと

現金モタネーゼ(約4割)......両替は最小限にとどめ、基本的にカードを活用する
現金モチスギージョ(約6割)......使う予定の全額もしくはそれ 以上を両替し多額の現金を持ち歩く

という2タイプに分けたところ、両者には海外旅行時のマネースタイルだけでなく貯金や部屋の整頓スキル、性格にも大きな差が見られたというのです!

さっそくその特徴を紹介すると、

《現金モタネーゼ》

・整理整頓が得意で不要なものは積極的に処分する
・普段の荷物ではビジネスシーンでの必需品を持ち歩く(筆記用具や手帳など)
・性格はさっぱりキッパリ
・理性的で堅実
・異性にも自分から告白する


《現金モチスギージョ》

・無駄な買い物が多く、整理整頓も苦手で不要品を処分できない
・普段からもしものときに備えたものを持ち歩く(充電器や食べ物など)
・性格はじっくりウジウジ
・感情的で頑固
・臆病で小心者、恋愛も想いを伝えられない

という傾向が見られたとか。

解説によると、その違いは決断力にあるよう。モチスギージョの荷物が多いのは、持っていくかどうかの判断が的確にできないからだという面もありそうです。

モチスギージョは「生活面において課題を抱えがち」「先送りしている事柄が、知らず知らずのうちに心を重くし、やる気の低下も招いてしまいます」「優柔不断でやや心配性ぎみ」。対して決断力のあるモタネーゼは「スッキリとしたライフスタイル」「心も軽く前向きになるため、行動も起こりやすくなります」「周りからの信頼も集まり、自己効力感も向上、積極性も高まります」とのこと。

どちらがモテそうか、こうして言われてみれば一目瞭然ですね。確かに持ち物をすっきりと軽くすれば、心も行動も軽やかになりそう。部屋だけでなく、毎日の決断にも断捨離が必要なのでしょう。

「もったいない」精神はもちろん大切ですが、あとで処分に悩まないよう、物を買うときの決断力にも磨きをかけたほうがよさそうですね。

いざというときに備えて防塵マスクや植物の種などを持ち歩いている私(「いざ」すぎなのは百も承知ながら)も、普段の荷物は多い方。これも計画性を身に着けるべし、ということにあるようです。

また、男性400名に荷物が多い女性or少ない女性、財布の厚い女性or薄い女性のそれぞれどちらが好みかを尋ねたところ、約7割の男性が荷物の少ない女性を、約6割が財布が薄い女性を好むという結果が出たそう。

単純に重い荷物を持たされたりしたらイヤだから、というのもありそうですが、男性は女性が普段持ち歩いている荷物やプライベートがもろに出る財布から、しっかりした女性かどうかを無意識に嗅ぎ取っているのかもしれませんね。

日々は選択の連続です。目の前の物事の決断をなぁなぁで済ませたり先送りにしたりせず、ひとつひとつ丁寧に片づけていきたいですね!

photo by Thinkstock/Getty Images


PR TIMES

(小坂井良子)