100223loveromance.jpg
photo by aussiegall

このたび男性が恋に落ちるまでの時間が、科学的に証明されました。

『Archives of Sexual Behavior』誌に掲載された論文によると、その所要時間はわずか8.2秒

初対面の場合、男性が女性を見つめれば見つめるほど、その女性に興味を持つようになるそうです。そして男性が魅力的だな、と感じつつじっと相手を見つめる時間、これが8.2秒の壁を突破すると、恋と称する状態に落ちてしまうんだそうです。

これは実際に俳優や女優と会話している115人の学生の視線を、隠しカメラで気付かれないように追跡し、そのアイコンタクトにかける時間から、実証されたデータとのこと。

それによると男性は、魅力的だと評価した女優の目を平均8.2秒間見つめていましたが、魅力的でないと評価した女優は4.5 秒しか見つめなかったそうです。

研究者らは、男性が相性がよくて繁殖力のある相手を捜すのにアイコンタクトを使うのではないかと推測しているのだとか。
 

そういえば、先日飲み会でごいっしょしたおじさまが、俺はブスとは3秒以上目を合わさんなどと、ことさらブス侵入禁止を振りかざしていたことを思い出しました。

あれ、単なる酔っ払いのたわ言だとばっかり思ってたんですが、科学的根拠があったんですね。
 
これに対して、女性は相手が魅力的かどうかに関係なく、男性を8.2秒以上見つめ続けられることも実験でわかったそうです。

こうしてみると、おとこの人って本来シャイで初心(うぶ)な生き物なんでしょうね。

出会いがしらの8.2秒が恋を制する。女子として覚えておいて損はない金言ではないでしょうか。


Telegraph(*゚∀゚)ゞカガクニュース隊

(逢坂杏)